読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃれを楽しむ!Maison de Remode Niki’s diary

埼玉県川口市の洋服お直し屋の日記

2016年 トレンドカラーを取り入れて

来年の事を言えば鬼が笑う

 

なんて言いますが、年の瀬ともなると来年のことも気になりますよね^^

 

来年のトレンドカラーを取り入れた、パンツの股擦れのお直し

 

今回は、そんなお話。

 

 

先日のブログ 

maisonderemodeniki.hatenablog.com

 

とはまた違った、パンツの股擦れのお直しのアプローチをしました。

 

ーBefore-

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151224235359j:plain

 

裾もかなり汚れがあります。

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151224235638j:plain

 

そこで、思い切って裾をカットし、カットした生地で傷んだ股擦れ部分の生地を再生することに。

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151225000109j:plain

けっこうバラバラになりました。

 

 

 

ーAfter-

front-ショート丈になり、よりカジュアルに着こなしで遊べるようになりましたー

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151225172320j:plain

 

sideー 脇に別生地を足して巾出しー

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151225172420j:plain

 

 

backー傷んだ部分をカットし、裾の残布を継いで再生ー

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151225172458j:plain

 

 

 

股擦れって、長年履きこんだだけでできるだけじゃなく、サイズ感にゆとりがない場合もよくあります。今回もサイズのゆとりの不足が原因としてあったため、別生地を脇に足して巾出しも。もともと後ポケットの玉縁に、ブラウン・ベージュ・ネイビーの3色が取り入れられていたので、そのうちの2色(ブラウン・ベージュ)+来年のトレンドカラーであるセレニティを意識した色で配色を組んだグログランリボンを巾出しの生地としました。デザイン的にはフルレングスパンツからショートパンツになり、ウエスト:4cm、渡り巾:2cm、裾巾:2cm広くなりました。

 

デザイン変更になりますが、綿パンツやシルク素材のノースリブワンピースなど、

・縫代が少ない

・巾出しすると出し跡が気になる

ときには別生地を足して巾出しをすることもできるんです。

 

 

ウエストベルトの寸法が広がった分は、残布でハギ足し。

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151225174644j:plain

 

フロント釦をしめれば隠れる部分に収まりました。

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151225003127j:plain

 

 

来年もまだまだジェンダーレス熱は冷めないみたいです^^

 

maisonderemodeniki.hatenablog.com

 

2016年は、デザインだけでなくカラーでもジェンダーレスを取り入れるのが楽しめそう^^セレニティやローズクウォーツが押しのようですね。 こんな色です👇 f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151225173417j:plain ピンクが‘ローズクウォーツ’、ブルーが‘セレニティ’。画像は[Spotlight © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.]からお借りしました。

来年にこのパンツが活躍してくれるのが楽しみです^ ^ 鬼に笑われても楽しいことに思いを巡らせるのはやっぱりいいですね。

 

 

 

 

 

ーお問合せ先について

Maison de Remode Nikiは予約制です。

自宅を利用した小さなアトリエですので、お手数ですが、まずは下記メールアドレスにご連絡をいただいてから、詳細などご返信させていただきます。

お洋服のサイズ変更、デザイン変更、ユニバーサルデザインへの変更・・etc・・・

ご相談、お気軽にお問い合わせください。

 

メールアドレス maisonderemode.niki@gmail.com

 

Maison de Remode Nikiとは?☟ 

maisonderemodeniki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村