読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃれを楽しむ!Maison de Remode Niki’s diary

埼玉県川口市の洋服お直し屋の日記

エコRemode.

eco-Remode. ECO-Remode.

 注目度、必要性が高まる【エシカル・ファション】。

動物素材を使わないステラ・マッカートニー、途上国から発信するマザーハウス、環境に優しい素材作りから取り組むエコマコ…他にもたくさんのブランド、たくさんの人々が環境保全と社会貢献を兼ね合わせたエシカルな活動をしています。

 

私にも何かできないかな?

 

今回は、そんなお話。

 

今年の7月に、文化学園で開催された0704(おなおし)シンポジウムが【エシカル】をテーマにした内容でした。その時にたくさんの企業・個人・学校の取り組みの話をお聞きました。その中で、私が一番心に残ったのは、岡正子さんの〝どんな小さな端切れも繊維も捨てない〟という実践のお話。実際に端切れや繊維のくずを再利用したサンプルも見せてくださいました。

 

後日、自分なりに何かできることはないかなと考えて・・・

作業中に出る残布を捨てずに、何かに作り変える

ことならできるかな、と思って。

残布って、お客様にお返ししても使い道に困ることもあります。そんな時はご了承を得て、小物に作り変えたり、小物用の素材としてストックさせていただいています。

 

先のブログ 

maisonderemodeniki.hatenablog.com

 

で発生した素材👇

 

ーBeforeー

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151030183441j:plain

☝肩パット・ゆきわた・アームホール調整で発生した端切れ。

 

 

 

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151030184637j:plain

他の作業で発生した端切れに詰めて

 

 

 

 

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151030184904j:plain

針山に。

いただきものの紅茶の空き缶が可愛くて捨てられなかったので、そこにIN。

 

 

 

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151030185208j:plain

 

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151030185242j:plain

  蓋が閉まるので、針を無くす心配もありません(^^♪

 

 

 

 

 

☟外したお袖は、コサージュに。

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20151030185659j:plain

ジェンダーレスから一転、フェミニンな要素をプラス。

彼にはロングベスト、自分は襟元や帽子にコサージュ。。さりげなくペアルック!というのもいいですね^ ^

 

洋服のお直しがもともと【mottainai】を必要に迫られて始まったような仕事なので(先人の知恵と技術の賜物です)、やっていることはとってもエコロジー。そこに、【エシカル】という取り組みを知り感化された私の気持ちをプラスして、エコRemode.として表現しています。

 

 

 

ーお問合せ先について

Maison de Remode Nikiは予約制です。

自宅を利用した小さなアトリエですので、お手数ですが、まずは下記メールアドレスにご連絡をいただいてから、詳細などご返信させていただきます。

お洋服のサイズ変更、デザイン変更、ユニバーサルデザインへの変更・・etc・・・

ご相談、お気軽にお問い合わせください。

 

メールアドレス maisonderemode.niki@gmail.com

 

Maison de Remode Nikiとは?☟

maisonderemodeniki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村