読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃれを楽しむ!Maison de Remode Niki’s diary

埼玉県川口市の洋服お直し屋の日記

jun ashidaコートのお直し

remode.

 

お母さまから譲り受けた、jun ashidaのコート。

 

ーBefore-

 

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20170107003207j:plain

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20170107003223j:plain

世代を超えて尚衰えないクオリティー!

 

 

肩パットの取り外しと、袖丈詰めのお直し

今回は、そんなお話。

 

肩パットの調整はその場でできることもあります、と以前のブログでも触れています☟

maisonderemodeniki.hatenablog.com

 

 

今回も、その場で肩パットを取り外して、お客様とコートの様子を見させていただきました。

 

コートの中から出てきた肩パットが、こちら☟

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20170107004614j:plain

 

デコポンみたいな・・・?

甘食みたいな・・??

 

かわいい肩パット^^なんて手の込んだ作りなんでしょう~✨

 

ものすごーーーーーく、分厚いように見えますが・・・

一番厚みのある部分が、2段になっているの、わかりますか?

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20170107004614j:plain

 

2段の部分、半分くらいは肩の厚みを増すためではなく、袖山のタックの形をキープするためにあります。なので、肩パットを抜くと、肩先の生地が下に垂れるというより、袖山のタックが垂れるほうが気になります。

 

 

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20170107005316j:plain

☝肩パットを抜いたので、肩先のタックが下方向に垂れています

 

肩パットを抜いてみたところ、肩の生地の垂れは問題ありませんでした。肩パットを抜いた状態で、コートとお客様の肩の傾斜が合っているため、肩パットは不要ということです。頼りない生地だと、生地の形をキープするためにごく薄い肩パットを入れた方が良いのですが・・・さすがのアシダ・クオリティー。

 

今回は、肩パットは抜き、袖山のタックの垂れを補うための仕込みを少々加えました☟

f:id:MaisonDeRemodeNIKI:20170107010747j:plain

オーガンジーという生地を、袖山のタックの下に仕込みます。オーガンジーは、向こうが透けるほど薄いのに張りがある生地なので、タックをさりげなくキープしてくれます^^

 

高級なお洋服は、なぜ価格が高いのか?

・素材代

・デザイン代

・人件費

・etc

幾つか要素がありますが・・・何世代にも受け継げるようなクオリティーを備えた高級品は、こんなふうに見えない部分へのこだわりも凄いです。見えないだけに、わかりずらいのですが、

 

“¥高かったのに、すぐにダメになった”

“¥高かったけど、ずっと着られる”

 

この差は、こういう見えない部分の作用が大きいと思います^^

 

そして、こういった作り手の思いを無視してお直しをすると、直さない方が良かった、というお直しになってしまうのだとNikiは思っています(´・ω・`)

 

お客様のお洋服への思いはもちろん、お洋服そのものへのリスペクト。Nikiなりのこだわりです。

 

・・・・・・。

 

肩パットに夢中になっていたら・・・・

 

After写真を撮り忘れました💦

 

袖丈も詰めました💦💦

 

 

ホームページも宜しくお願い致します💦💦💦

maisonderemodeniki.wixsite.com

 

(´・ω・`)💦💦💦💦

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村